はじめに

自分の人生をよりよくしたい方へ

初めまして、加藤杏苑(かとうきょうえん)です。鑑定に興味を持っていただいたのは、自分の人生をよりよくしたいと思ったからではありませんか?何かに迷っていて、一歩踏み出す前に参考にしたい方。または、自分の中で決断はできているんだけど、背中を押して欲しい方。気掛かりなことがあって、そこをズバリ指摘されたい方もいるかもしれません。人それぞれ、理由は違えど「大切な自分の人生」に真剣に向き合っているから、「占いのようなもの」に知恵を借りたくなるのだと私は思います。

 

「占いのようなもの」と書いたのは理由があります。

私の四柱推命は、実は占いではありません。一般の方へ伝わりやすいように、便宜上「占い」という言葉を使っていますが、正確に言うと「人間分析学」と「運命学」です。「占いのようなもの」に否定的な意見を持つ方もいらっしゃると思います。私自身もそうだったからよく分かります。ところが、いろんな人のご相談を受けるうちに「これはすごい。不思議だけれど、とても的を得ている。」と実感することが重なりました。「懐疑」と「やっぱり無視できない」という気持ちを繰り返しながら、エビデンスを積んでいます。

 

「四柱推命」「家相」それぞれの役割

四柱推命は生年月日と出生時間から、その人物の「宿命」と「運命」を知ることができます。「宿命」とは生まれ持った才能、人間関係、エネルギー量です。「運命」とは人生の中で大きな変化が起きる周期です。これらを分析して、仕事や人間関係を好転させようとします。四柱推命鑑定に加え、開運の具体的な手段として「家相」を取り入れます。

 

「四柱推命」では

鑑定で四柱推命という新たな視点に出逢い、心の整理整頓ができます。ご相談中、私からの質問に答えることで、冷静さを取り戻し、今まで気づいてなかった感情に気づきます。鑑定の結果だけではなく、ご相談中の会話などのプロセスが、お客様にとっての開運のヒントになります。心を整理整頓することで、現実を好転させるためにすべき事が、より明確になります。

 

 

「家相」では

四柱推命で診断した結果をもとに、その人物にとって良い家相を考えていきます。家相をよくしたい、とお考えの方に知っていただきたいのは、「良い家相」とは万人に共通のものではありません。そこに住む人物の運命と宿命がそれぞれ違うように、家相を良くする方法も、運命と宿命に合わせてそれぞれ違ってくるのです。これから転居をご検討中の方は、吉方位(開運の方角)や時期のご提案も可能です。

 

順序としては、

1生まれ持った宿命を理解して

2いつどんな運命が巡るのかを知り

3家相で「宿命」と「運命」を強化・開運する

4転居の場合、方位と時期を選び、吉方転居を取り入れる

1、2四柱推命、3家相、4九星気学、となります。

 

医療で例えるなら、四柱推命鑑定は問診と診断のようなものです。診断で、心がスッキリ晴れる場合もあります。そして、もっともっと人生をよりよくしたい方のための処方箋として家相を使うのです。

 

最後に

見える系ですか?とよく聞かれます。よくわからないのですが、その人物が放つ「気」のようなものは感じます。何となくうまくいってるとか、困った状況でも前向きな人は「気」がクリーンです。そして、私は今でも「占いのようなもの」を疑う心は大切にしています。何に対しても、盲信するのは危険を孕むと考えているからです。とはいえ、試してみなければ分かりません。一瞬でも鑑定を受けてみたいな、と思ったなら、いったん疑いを捨てて試してみませんか。何に対しても、合う、合わないは人それぞれですから。合わなければ、こんなもんか、で終わればいいのです。