雑記(映画感想)

年末年始にかけて、韓国映画を4本見た。タクシー運転手弁護人国際市場で逢いましょうベテラン

偶然、年明けの新聞に韓国エンタメ記事が載っていたので、サムネに使ってみた。

 

「タクシー運転手」と「弁護人」は1980年代韓国の話。韓国は割と最近まで民主化していなかった。ソウルオリンピックの1年前まで、学生デモを軍隊が武力で鎮圧するようなことが起きていた。教科書的な知識としてあっても、映画で見ると(エンタメとして誇張された部分を割り引いたとしても)リアリティがある。私にとって韓国は身近な外国、という感覚。理由は見た目や食べ物、ライフスタイルなどは、欧米に比べると日本人と似たような感じがするし、地理的にも近く過去に5、6回は旅行していて遠い異国という気がしないから。そんな身近な国が、つい最近まで、大学生が好きなように自由に学んで遊んで青春を満喫する、ができない環境だったことを鮮明に見せつけられた。

 

「タクシー運転手」では、韓国でまさに起きている軍事政権武力弾圧を世界に伝えようとするドイツ人記者と、そのドイツ人記者が撮影した映像を海外メディアに報じてもらうために、韓国から無事出国させたい一心で、空港までの道のりを危険な事態をかいくぐりながら爆走するタクシー運転手。「弁護人」では逮捕され拷問で無理やり嘘の自白をさせられた学生を弁護する弁護士(のちに韓国大統領になる人物がモデル)。弁護士やその家族も脅されたり危険な目にあう。

 

「タクシー運転手」「弁護人」共通して、諦めないことが明日につながる、と感じた。一人だけに注目すると、その一人の歩みでは小さく、目標に届かずに悔しい思いをする場合もある。結果はタイミングや周囲の環境に左右される。諦めないからといって、必ず良い結果になるかどうかはわからない現実が存在する。とはいえ、その小さな歩みの集合体が、大きな変化を起こすのだ、とわかる。それは映画で全体を俯瞰してみているから感じることだけれど、個人に置き換えたとしても、諦めずに小さなことでも続けられた人が、大きな結果に結びつくんじゃないかな。こんなことを考えていたら、結果の保証があればやる、というより、結果はどうあれ諦めない、ができたもん勝ちだと思った。

 

「国際市場で逢いましょう」は朝鮮戦争〜現代までの一人の男性の生き様の物語。前述した「タクシー運転手」「弁護人」よりさらに古い1950年代。朝鮮戦争の混乱で父親と妹と生き別れになった男の子。まだ幼い(多分小学生)のに、父親から「家長」として母親や弟妹を守るように託される。彼は自分のやりたいことを我慢して家族のために稼ぐことを優先。出稼ぎのため、割がいいけど危険な仕事が待っているドイツの炭鉱やベトナム戦争へ行く。昔は一人の家長に親族一同ぶら下がって生活してたんですよね。それができるほど稼ぎのいい仕事があったり、一人の収入が良かったとも言えるけれど。そういえば、社会の授業で「朝鮮特需」と習ったなぁ、と思い出した。とはいえ、命の危険がある仕事にしては安すぎる、もっと給料はずんでもいいのでは・・・いや、どんなにお金をもらってもあんな怖い仕事はしたくない。平和っていいなと思わせてくれた。そして、家長という制度は「男尊女卑的」な側面を感じて嫌なんだけれど、「家長」の役割をちゃんと全うした人の「家長」としてのプレッシャーに耐え、自分のことより家族の幸せを願い行動する「強さ」は素直に心にじんと響いた。

「ベテラン」の感想はまた今度。